薬としての胡椒を実験

胡椒は、その昔 薬として利用されていました。
胃腸の働きを活性させ血液の循環を良くするとされていたようです。
私は最近 お酒を飲む機会が少し多くなっていまして、胃腸の調子があまり良くなかったので、ためしに胡椒を服用してみたところ「あら!不思議」それまでの胸焼けやむかつきが収まって体がポカポカしてきました。
個人差はあるかも知れないですが、試してみる価値はありそうです・・・
私の服用法
グラスの中に耳掻き3~4杯程度の白胡椒の粉末を入れます。そこに1センほどのぬるま湯をついで良くかきまぜます。それを一気に飲み干します。
辛さもありますので濃さは調整してみて下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

林 寛子さんと胡椒対談